糖尿病についてご存知ですか?

糖尿病は血糖値が上がったまま放置して血管がボロボロになっていく病気です。
これにより、動脈硬化になり心筋梗塞や脳梗塞など引き起こして突然死ということも起こり得ます

 

これは慢性疾患と呼ばれていて、初期症状はわかりにくくて気づいたときは取り替えしかつかないということがある病気です。

 

この糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病の2種類があり、1型糖尿病は遺伝からくることが多いもので、膵臓のβ細胞の中のランゲルハンス島が・・・と詳しく話してもいいのですが、注意して欲しいのは2型糖尿病の方です。

この2型糖尿病は生活習慣病と言われているもので、普段の不摂生な生活で起こり得るものです。

 

簡単に言うと、暴飲暴食を繰り返している人がなりやすい病気で、肥満体系の人は要注意な病気です。

先ほど紹介したように糖尿病は初期症状は非常にわかりにくいものなので、自覚症状はほぼありません

なので後で後悔しないために対策をしましょう!

 

糖尿病が怖いわけ

 

糖尿病が本当に恐ろしいのは、糖尿病によって引き起こる合併症です。

冒頭で紹介した心筋梗塞や脳梗塞、突然死も恐ろしのですが、糖尿病には3大合併症と呼ばれる恐ろしいものがあります

・糖尿病性腎症
・糖尿病性網膜症
・糖尿病性神経障害

この三つです。

では一つずつ解説して行きます。

 

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症は、糖尿病によってCKD(慢性腎不全)になることです。

腎機能がなくなるということです。

 

腎臓の機能は尿を作ったり、電解質を調節したり、老廃物を排泄したり、血圧を調節するなど非常に大切なものです。

昔、中国の少年がiPadが欲しいがために腎臓を一つ売ってお金にしたと言うニュースがありました。
もちろん後悔しているようですが、当たり前ですよね。

 

この腎機能がなくなるとどうなるかと言うと、尿が作れなくなるので体に水がたまってむくみます。
そして肺に水がいって心臓を圧迫してしまします。

そうなったら救急搬送ですね。

 

腎機能を失った人がその後どうやて生活するのかというと、人工透析と言いう治療法を行います。

これは週三回、4時間以上行う治療です。
感覚的には月・水・金、または火・木・土と通わなくてはいけません。

 

自由な時間が減りますね。

これだけでなく、透析患者になったらかなりの食事制限をされることになります。

守らないと最悪の場合死んでしまいます。

 

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は、高血糖により眼の網膜にある非常に細い血管が蝕まれていく合併症です。

糖尿病になって動脈硬化が進むと眼球の血管が動脈硬化で詰まってしまって、血液で栄養を眼球に送ることができなくなってしまいます。

そのため、最悪の場合失明してしまうことになってしまいます。

 

糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害はその名前の通り神経がおかしくなることです。

具体的に言いますと、熱いのに熱く感じなかったり、痛いのに痛く感じなくなることです。

痛みというものは体が危険を知らせる信号なので、これがないと非常に危険です。

 

これは特に足先から起こりやすくなります。

例えば、熱いお風呂に入るときに火傷するくらい熱いお風呂なのに神経がおかしくなっている状態で入ると、熱く感じないから入ってしまいそのまま火傷してしまいます。

痛みを感じないから靴の中で足を切ってしまこともありますね。

糖尿病性神経障害で厄介ながさらにこの先で、傷が治りにくくなって潰瘍を起こしてしまい、放置する壊疽してしまうことになります。

 

動脈硬化が進むと足全体が壊疽して、足に激痛が走り、治らないので足を切断しなくてはならなくなるかもしれません。

足を切断したからといってすぐには楽にならず、幻肢痛と言って、そこに足がないのに足があるように痛むことが続きます。

こうならないためにも血糖値に注意しないといけません。

 

ブタイルブタイル

糖尿病って恐い病気だったんだね・・・

 

カバノリカバノリ

糖尿病だけはそれほど恐ろしいものではないけど、この合併症が恐ろしいカバ。

だから血糖値が高いままほっとくのは危険カバよ。

 

血糖値が上がらないために

 

糖尿病の治療法は食事療法運動療法です。

人間の体は食べ物からできているので食事が大事なんですよ。

 

この食事は糖質を制限して血糖値が上がらないように注意する食事の仕方です。

運動療法とはズバリ有酸素運動です。

 

糖尿病の治療法は食事療法を行なっている前提で運動療法を行います。

なので、糖尿病にならないためにも食事と運動が必要だということがお分かりいただけるかと思います。

 

食事療法ってどうやるの?

食事療法って聞くと、食べてはいけないものがあると考えてしまうかもしれませんが、なるべく食べな方がいいものはありますが、絶対に食べてはいけないものはありません

 

糖尿病ようの食事というものは、いわば健康で長寿でいるための食事です。

1日に必要なエネルギーを量を把握して、栄養素をバランスよくとることが大事です。

 

ポイントとしては1日3食を規則正しくとるということと、食べ過ぎないようにすることです。

 

糖質を摂取することで血液中のブドウ糖の濃度が上がり、この濃度を血糖値と言います。

そのため特に糖質を多く食べることは控えるように言われます。

 

例えばご飯や麺類などの炭水化物は糖質が含まれているので、これの過剰摂取もやめた方がいいです。

 

運動療法ってどうやるの?

運動療法は食事療法と合わせることで発揮します。

 

運動すると血液中のブドウ糖をエネルギーとして消費するので血糖値が下がるんですね。

運動をして肥満を解消していけば、インスリンの働きを高めますので、さらに効果的になります。

また、運動すれば血液循環が良くなるので血管の老化を防いでくれます

 

患者さんによっては運動量が制限が制限されることがあります。

その内容は医師としっかり相談してください。

 

 

ブタイルブタイル

血糖値を下げるには肥満を解消した方がいいんだね。

ということは、痩せていれば糖尿病になりにくいってことなのかな?

 

カバノリカバノリ

一概には言えないけど、医者はまず痩せろって言うカバね。

それにボクが見てきた2型糖尿病患者は太っている人が多かったカバ。

 

ブタイルブタイル

太っていると血糖値の心配をしないといけなくなるんだね。

カバノリカバノリ

まだ糖尿病でなくても血糖値が高くなることを避けるために、普段から運動しておくことがいいカバ。

 

加圧シャツで糖尿病対策

 

加圧シャツで糖尿病対策は加圧シャツを着て運動をすることです。

普通に運動すれば十分だと考えるかもしれませんが、加圧シャツを着て運動をした方が効率的なんです!

 

加圧シャツの効果の仕組み

加圧シャツはスパンデックス繊維と呼ばれるゴムのように伸び縮みする高級ポリウレタンが体を締め付けます。

この締め付けで血流を程よく制限し、アスリートが行っている加圧トレーニングのような効果が得られます、

この状態になると少ない負荷で大きな効果を得ることができるので、運動に効果的になっているということになります。

また、姿勢矯正の効果もあり、姿勢が良くなることで体幹(インナーマッスル)が鍛えられます。

なので基礎代謝が上がっている状態になるわけですね。

つまり加圧シャツを着ていると痩せやすく太りにくい体になるということです。

 

加圧シャツで運動する

加圧シャツを着ていると姿勢が良くなるので、正しいフォームで運動がしやすくなっています。

また、加圧トレーニングを行なっているような状態になっているので少ない負荷で大きな効果を得られるようになることからトレーニングの効果が飛躍的に上がります。

なので痩せやすくなるということです。

 

カバノリカバノリ

加圧シャツは運動の効果を飛躍的に上げてくれるから、効率がよくなるカバよ。

ブタイルブタイル

しっかりと加圧シャツで高血糖対策をした方がいんだね!

カバノリカバノリ

筋肉の活動量が上がると悪かったインスリンの働きも改善するから、筋肉を鍛えるのもいいカバよ。

 

 

まとめ

糖尿病の対策は肥満解消と運動です。
加圧シャツを着て運動を行えばトレーニング硬化が飛躍的に上がり、痩せやすくなります。

糖尿病は非常の恐ろしい合併症を引き起こす病気なので事前に対策されてはいかがでしょうか。