加圧シャツは発売してからSNSで注目を集めて、テレビやラジオなどのメディアにも取り上げられて話題になっていまでは大人気のシャツになっています、

この加圧シャツは着るだけでトレーニング効果の期待やダイエット効果の期待があると言われていて、さらには姿勢矯正の効果もあります。

様々な効果の期待がも持てる加圧シャツですが、肩こりへの効果はどうでしょうか?

 

肩こりの原因

まずは肩こりの原因について知っておきましょう。

肩こりには主に5つの原因があります。

 

・同じ姿勢でデスクワークをする
長時間同じ体制だと首や肩周辺の筋肉が緊張して肩こりの症状につながります。

・運動不足
日頃から運動をしていないろ筋肉が使われなくなってしまいます。
そのため、筋肉が弱くなってしまい疲労しやすくなってしまい、血行不良になったしまうので肩こりの原因になってしまいます。

・ストレスによる緊張
精神的や肉体的にストレスを感じると自律神経の動きが活発になって基部周りの筋肉が固くなってしまいます。
一時的なストレスであれば自然治癒ができますがストレルが続くと慢性的な肩こりになってしまいます。

・眼精疲労
スマートフォンやパソコンを長時間見ていると、目を酷使することで筋肉の緊張や疲労が肩こりを引き起こす可能性があります。

・寒さによる緊張
寒い場所に長時間いて体が冷えてしまうと、筋肉が貼ってしまいます。
これにより肩こりが起こってしまいます。

 

 

肩こりをほっとくと痛みになる事がありますね。
こうなったらほうんとうに辛いです。

さらに肩こりを長く放置していると、腕が上がらなくなったりする四十肩や五十肩になることもあり、様々な病気に繋がってしまう事があります。

そのため、肩こりは少しずつ改善を目指して行きましょう。

 

加圧シャツの肩こりへの期待できる効果とは

肩こりは同じ姿勢でいるため筋肉が固まってしまうという事が原因の一つですね。
加圧シャツを着ていると常に筋肉を刺激している状態になるので、活発になります。

また、運動不足で筋肉が弱まっている場合という原因もありますね。

加圧シャツを着ると、日常の動きをトレーニング効果へ変換してくれる期待があるので、ちょっとした動きが運動に変わり、運動不足は解消されやすくなります。

また、肩こりになりやすい人は肥満体系の人が多いです。

加圧シャツを着ていると、胃や腹部を締め付けるので食事量を自然と減らせる事ができます。
これにより摂取カロリーを減らす事ができます。

加圧シャツを着ていると姿勢矯正効果もあります。
姿勢が良くなると体幹(インナーマッスル)が鍛えられるので基礎代謝が上がりますので消費カロリーが上がります。

摂取カロリーが抑えられて消費カロリーが上がるのでダイエット効果の期待が持てることから肥満の解消にもつながります。

これにより加圧シャツを着ると肩こりの効果の改善も期待できる事がわかります。

 

まとめ

加圧シャツを着ると肩こりの効果の改善が期待できることを理論的に解説しました。
実際に私はデスクワークが主で、パソコンやスマートフォンとにらめっこ状態が続き、運動不足で肩こりに悩まされていましたが、加圧シャツを毎日着ていることでそれが緩和されています。

昔は美容室でマッサージをしてもらう時に必ず「すごくこってますね〜」と言われてたのですが、前回行った時は何も言われなかったです。

もちろん、全く肩こりがないというわけではないですが、痛みにつながるような強い肩こりは加圧シャツを着続けているこの期間ずっとないです。

今回、肩こりの理由と加圧シャツの効果それが証明できたかと思います。

 

なので肩こりに悩んでいる方は加圧シャツを日常で着てみてはいかがでしょうか。