若い頃は痩せていてすっりみうな体系だった人も、年を重ねていけば基礎代謝が下がっていき、贅肉がつきやすくなってしまいます。

20代前半までは基礎代謝もよく、部活やサークルなどで運動をしている人も多いから痩せていても、20代後半からになって仕事などで忙しくて運動する習慣がなくなってしまうかたも多いのではないでしょうか?

ぜい肉がついて下っ腹が出て着て、いわゆるメタボ体型になってしまったらかっこ悪くなってしまいますよね。

そしてメタボを超えてデブになってしまったら体型をもとに戻すには難しくなります。

過酷な運動をして、かなり厳しい食事制限をして強制的に痩せるということもありますが、デブから一気に痩せても気を抜いたらリバウンドして体型がもとに戻ってしまうという人も少なくありません。

メタボの場合はまだ改善の余地があります。

メタボというものはぽっこりと出た下腹のお肉までしか脂肪の増加が進んでいないからです。

 

メタボ解消方法

 

メタボの人には共通点があります。

それは今までトレーニングをしてこなかったけどそこまで悪い体型ではなかった人です。

筋トレをしなくても人並みにはモテていて、普通に彼女がいたという人は多いです。

だからこそトレーニングに対して意識が低いんですね。

 

そんな人がメタボ解消のためにいきなり「激しい筋トレを行えと」言われても抵抗があるでしょうしすぐにはできないです。

なぜなら習慣がないからです。

普段から筋トレや運動を習慣にしている人からすれば、「なんでこんな簡単なこともできないの?」と思うかもしれませんね。

習慣がないと、運動やトレーニングを始めても長く続かなかったり、「こんなもんでいいだろう」と適当に済ませてしまうことがあります。

 

そんなメタボの人がどうすればいいか?

それは簡単にできることから習慣づけることです。

日々の行いが習慣に変わりまでは時間がかかります。

・まずは痩せることを意識して行います。
・継続して行います。
・とにかく毎日やり続けます。
・そしてそれが当たり前になってきます。
・無意識で行えるようになったらそれがもう習慣です。

例えば朝起きて顔を洗うことや歯を磨くことも習慣の一つです。

子供の頃は両親に言われて意識して行っていたと思いますが、大人になると無意識に、完全に覚醒していない状態でもできますよね。

それくらいになりまでできれば理想なのですが、まずはとにかく意識して毎日行うという習慣をつけることです。

 

加圧シャツを毎日着る習慣をつける

 

下腹をへこますためにはトレーニングをする習慣をつけて解消をする必要があります。

しかし、筋トレや運動は苦手で避けてきた人はなかなかこれに手が出なかって理、飽きたりやめてしまう人も少なくありません。

しかし加圧シャツを着るだけならどうでしょうか?

加圧シャツを着るだけなら誰でもできます。

毎日着るだけです。

これならできそうじゃないですか?

 

加圧シャツを着た方がいい理由

加圧シャツはスパンデックス繊維と呼ばれるゴムのように収縮する高級ポリウレタンが含まれています。

このスパンデックス繊維が体を締め付けて血流を程よく制限して加圧トレーニングを行っているような状態にしてくれます。

この状態でトレーニングを行うと、その効果がは飛躍的に上がりますので普段の日常の動きがトレーニングに変換してくれます。

なので加圧シャツを毎日来て過ごしているだけで、トレーニングをしているようば状態になっているということになります。

 

加圧シャツで得られるメタボ対策

加圧シャツを着ていると腹部も締め付けられます。

これで見た目が少しお腹が引っ込んだように見えます。

さらにこの状態で食事をしようとすると、腹部が圧迫されているので食べる量を自然と減らせることができます。

なので食べ過ぎを防いでくれるということですね。

また、加圧シャツには姿勢矯正効果もあり、これにより体幹(インナーマッスル)も鍛えたれます。

そのため基礎代謝が上がっていますので、メタボ対策に適しているということになります。

 

まとめ

加圧シャツは着るだけで日常の動きをトレーニングを行っているような状態にしてくれます。

普段から筋トレや運動する習慣がなかった人で下腹が気になっている方は、加圧シャツを毎日きる習慣から初めてみてはいかがでしょうか。