加圧シャツは着用してトレーニングを行うとその効果が飛躍的に上がります。

なので筋トレを行うときにインナーとして着れば効率よく筋トレができます。

 

しかし筋トレを行うと筋肉痛が起こってしまうことがありますね。

切ってきれない関係ですが、できることなら筋肉痛にならないで筋トレを行いたいものですね。

だからと言って筋肉痛にならないようなトレーニングだと効果が弱くなってしまいます。

なので、筋肉痛を早く治す方が効率的ではないでしょうか?

今回は筋肉痛を早く治す方法について解説します。

 

なぜ筋肉痛は起こるのか?

 

まずは筋肉痛になるメカニズムから知っておきましょう。

筋肉痛の原因がわかってしまえば対処法がわかります。

 

なんでも原因があって結果がありますからね!

 

筋肉痛とは、運動によって傷ついた筋繊維を修復する時の痛みです。

乳酸が原因という説もありますが、実ははっきりとした痛みの原因がまだはっきりとは解明されていません。

 

時間が立ってから痛む理由

筋肉痛は運動した直後ではなく、時間をおいてから痛み出します。

それは筋繊維そのものい痛みを感じる神経はなく、痛みは炎症が広がって発痛物質が筋膜の届くようになってから感じるために時間差があると考えられています。

 

筋肉痛になりやすい運動とは

人間が運動するときに筋肉を収縮させて力を発揮しています。
この筋肉の収縮運動は3種類に分けられます。

・伸びながら力を発揮する伸張性有働:重い荷物を下ろすなど
・縮みながら力を発揮する短縮性運動:思い荷物を持ち上げるなど
・伸縮なく力を発揮する等尺性運動:腕相撲など

特に筋肉痛を起こりやすいのが伸張性運動です。

これはエキセントリック運動とも呼ばれています。

筋肉を伸ばす時の方が筋繊維へ負荷が大きくなるてめ損傷が起こりやすくなることが理由です。

 

筋肉痛を早く治すには

 

筋肉痛は時間をかければ自然と治りますが、できるだけ早く治したいですよね。
筋肉痛を早く治すにはどうすればいいのか解説します。

 

睡眠をしっかりととる

睡眠は体力回復の基本で最も効果的なものです。

なので傷ついた筋繊維を修復するには睡眠を取ることが大切です。

睡眠時間が短けれな筋肉の回復に使われる時間も短くなるので治りが悪くなります。

 

適度にストレッチをする

筋肉痛を早く回復させる瓊はストレッチが大事です。

プロのアスリートもストレッチを入念にやるように、運動をする上ではストレッチは大事です。

過度な運動は筋肉痛の回復をおくらせますが、ストレッチ程度では問題なく、むしろ乳酸の除去が行われやすくなるので回復が早くなります。

 

血流促進させる

血流は体全体に栄養を送る役割があります。

なので、血流促進すれば筋肉痛の回復を早めることができます。

 

手っ取り早いのが入浴で、体をたためれば血管が広がりますので血流の流れが促進されます。

加圧シャツは加圧と降圧を繰り返すことで血管に弾力が戻るので、血流促進の作用もあると言われています。

 

痛みどめを使う

痛み止めとしてロキソニンを使えば筋肉痛を抑えることができます。

ロキソニンは炎症作用を抑える効果のある薬です。

 

痛みというものは炎症が広がって発痛物質が筋膜の届くことなので、その炎症を抑えられれば痛みが消えます。

なのでロキソニンは筋肉痛に効果的ということがわかります。

余談ですが風邪は病気ではなく炎症なので、ロキソニンがよくききます。

 

まとめ

筋肉痛の原因と抑える方法について解説しました。

加圧シャツを着て理想的な体型になるには筋トレが必須だという方も多いでしょう。

筋トレを行いすぎて筋肉痛になってしまった場合は参考にしてみてください。