加圧シャツは食事中に着ることで、食べる量を制限して摂取カロリーを抑えてくれる働きがあります。

これは加圧シャツのスパンデックス繊維の締め付けにより、胃や腹部を圧迫しているからですね。

 

加圧シャツはこのよに、着るだけでダイエット効果の期待や、トレーニング効果の期待が持てるインナーシャツです。

24時間着用できるアイテムで、テレビやラジオなどのメディアやSNSで話題になり、大人気になりました。

そんな加圧シャツを食事中でも着るために注意しておかなければいけないことについて解説します。

ブタイルブタイル

食事中に加圧シャツを着る理由は?

カバノリカバノリ

主にダイエット目的カバ。

 

食事中に注意するべきポイントは?

 

加圧シャツを食事中に着る時は気をつけなければいけないポイントがあります。

これは主に食事中に加圧シャツを着ることで、ダイエットをしようと考えている方が対象です。

 

油断をしない

 

加圧シャツを着ていると胃や腹部が圧迫されます。

胃や腹部が圧迫されると、自然と食べる量を減らすことができます

普通に食事をするときは、胃や腹部が圧迫されるようなことはないので、食べれる人はいくらでも食べれますね。

若くて代謝のいい頃は、食べても太らなかったことがあるでしょう

しかし年を重ねて代謝が落ちてくると、同じ量を食べているのにだんだんと太って行き、気がついたら下腹が出て着てメタボ体系になっているという人は少なくありません。

 

なので加圧シャツで胃や腹部を圧迫して抑えようというわけです。

しかし、だからと言って油断してはいけません。

加圧シャツを着ているから大丈夫と思っても、本来あなたの食べれる量の限度は変わっていません

最初のうちは抑えられても、だんだんと食べる量が増えていく解くことはよくあるケースです。

圧迫しているから大丈夫という油断が失敗を招きます。

 

なので、加圧シャツを着て食事量を抑えて、それを自分でもコントロールできるように気をつけて行くことが大事です。

人はいきなり習慣を変えることができないので、加圧シャツで徐々に習慣を変えていこうということですね。

 

また、加圧シャツはだんだんと劣化していくものです。

どんなシャツでも必ず劣化します。

加圧シャツは例外なんてことはありません。

 

劣化した加圧シャツだと、圧迫が弱くなっているので、自然と抑えられる量が減ります。

そしてまた太るなんてことがないように、自分でコントロールすることが大事なんですね。

 

健康に気を使う

 

加圧シャツで食べる量を減らせると言っても、健康には気をつけましょう。

人間の体は食べ物からできています。

糖質の多いものを食べ過ぎると血糖値が上がりやすくなり、糖尿病になってしま場合もあります。

なので、食べる量を減らせているからこそ、健康的なものをメインで口にして、不健康の元になるジャンクフードとかは口にしないようにしたほうがいいですね。

 

また、糖質も制限して食事量を抑えているときに気をつけてほしいのが、タンパク質を摂取しているかどうかです。

 

タンパク質は筋肉の材料となる大事な栄養素です。

加圧シャツはただ痩せるために着るものではなく、同時に筋肉を付けられるものです。

なので痩せながらムキムキの細マッチョボディを目指せるということですね

 

加圧シャツを着ることで、日常の何気ない動きをトレーニングを行なっているように変換してくれるので、筋肉がつきやすくなります。

そのためにはしっかりとタンパク質を摂取しておきましょう。

 

 

ダイエットのため食事中に着る加圧シャツ

 

加圧シャツを食事中に着る子という方は、ダイエットを目的とされている方が多いですね。

ダイエットの必要がなければわざわざ食事を制限する必要がないですからね。

 

ダイエットではなく健康に気を遣うために食事制限をするという方は、食べる量ではなく、食べる物を制限すればいいですね。

 

ではダイエットのために着る加圧シャツのオススメは、スパンデックス繊維が多い加圧シャツです。

スパンデックス繊維が多いということは締め付けが強い加圧シャツということになります。

 

締め付けが強い、つまりは胃や腹部への圧迫が強くなるので食べる量を減らせるようになります。

また、代謝も上がるやすくなるのでダイエットに効果的です。

 

金剛筋シャツ

金剛筋シャツはスパンデックス繊維が20%の強力な加圧シャツです。

上半身にかなり強い締め付けがかかる加圧シャツなので、胃や腹部への圧迫も強いです。

ダイエット目的で食事制限される方は効果的な加圧シャツと言えるでしょう。

 

 

シックスチェンジ

シックスチェンジはスパンデックス繊維が18%の加圧シャツです。

スパンデックス繊維が20%の金剛筋シャツがキツすぎて着られないことを不安視している場合はこちらの方がお勧めです。

シックスチェンジは素材がテリレン製なのでナイロン製の加圧シャツより丈夫です。

 

 

加圧シャツの着方や選び方

加圧シャツは加圧が強いものほど効果の高いものです。
これはスパンデックス繊維により、その締め付けの量が異なるものです。

しかし、締め付けを強くしたいからと言って、サイズを小さいものいしてはいけません。

加圧シャツの効果の一つに着るだけでトレーニング効果の期待というものがありますが、これは加圧シャツを着ると血流が制限されて、加圧トレーニングを行っている状態になるからです。

 

本物の加圧シャツというものは、専門のトレーナーの監視下で行うものです
それは加圧トレーニングで意識を意識を失わないように顔色など見ているからです。

血流の制限をしすぎると、気分不快を起こすことがあるので、加圧シャツを小さくキツいものを着てしまうとそのような危険性が出てしまう可能性があるんですね。

 

もちろん自分にあったサイズと着ていればなんの問題もありません。
加圧シャツは24時間着用が可能なように設計されていますからね!

なので、加圧シャツを着るにには、正しいサイズを選ぶようにしましょう

 

 

まとめ

加圧シャツは食事中に着ると、食べる量を自然と減らすことができるので、ダイエット効果の期待が持てます。
しかしだからと言って油断しないようにしましょう。

健康にも気を使い、加圧シャツのサイズは自分にあったものを選ぶようにしてください。