金剛筋はシャツ着るだけでトレーニング効果があったりダイエット効果もあると期待され、テレビでも話題になりましたね!

しかしそれを購入しようか考えているものの、どうやって着ればいいかわからないという方もいますよね。

 

公式サイトには「24時間トレーニングを体感せよ!」と書いてありますので「24時間か〜」なんて思ったりもするでしょう。

今回はこの金剛筋シャツの着方について解説します。

ブタイルブタイル

金剛筋シャツは24時間着れば良いのかな?

 

カバノリカバノリ

24時間というのは少し語弊があるカバね。

正しい着方を徹底的に解説するカバよ!

 

▼金剛筋シャツの詳細へ▼
金剛筋

 

まずは金剛筋シャツの効果について知っておこう!

 

金剛筋シャツの着方を知る前に、金剛筋シャツについて知っておきましょう。

この効果の期待や仕組み、理論などを知っておけばより正しい着方が腑に落ちてわかるはずです。

金剛筋シャツは2017年の11月13日に放送された「ネプリーグ」の番組で林先生が欲しがっていた加圧シャツ。私もリアルタイムでそれを見て『めっちゃ気になるやん!』と思い、購入した次第です。

 

強力な加圧で締め付けて加圧トレーニング?

金剛筋シャツは着用すると体を締め付けてきます。

この締め付けは強力なもので、血流の流れを制限します。

 

これにより、加圧トレーニングを行なっているような状態になります。

 

加圧トレーニングは専門のトレーナが監視について行うものです。

これは専用のバンドで締め付けて血流を制限してるからです。

 

「ん?同じじゃないか?」と思ったかもしれませんね。

その違いは血流制限の量です。

 

加圧トレーニングは、意識を失ってしまう恐れがあるほど血流を制限するので、必う専門のトレーナーが監視していないといけないんですね。

顔色などをみて、やばいと思ったら止めてくれます。

 

この血流制限を行うと、低負荷のトレーニングで大きな効果を得られるようになります。

金剛筋シャツは流石にここまでの締め付けと効果は得れれませんが、この加圧トレーニングを行なっているような状態になるので、トレーニング効果が飛躍的に上がると言うことになります。

 

なので、日常できていれば何気ない動きもトレーニングをしているような働きに変換してくれます。

 

ダイエット効果?

金剛筋シャツは着用することで、その締め付けが背筋をピシッとしてくれます。

これにより、姿勢矯正の効果が得られます。

 

姿勢が良くなると、猫背の改善が期待されることと、体幹(インナーマッスル)が鍛えられるので、基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がるので、消費カロリーが多くなります。

 

また、金剛筋シャツの締め付けで胃や腹部、内臓なども圧迫しています。

こうなると、あまり食べられなくなります。

なので、金剛筋シャツを着ると、食べる量を自然と減らせることになりますね。

つまり、摂取カロリーを減らせると言うことになります。

 

金剛筋シャツを着ると摂取カロリーが増えて消費カロリー減るので、ダイエット効果の期待がモテると言うことになります。

食事制限ダイエットで失敗した人もこの方法なら効果が出やすいですね!

ダイエット器具と比較すれば全然安いし、4枚程買って交互に使うとモチも非常に良いです。金剛筋シャツは加圧力が凄く強いので、加圧シャツの寿命は普通の加圧シャツと比べると数ヶ月は余分に長く着れるしコスパも良いです。

 

仕組みはスパンデックス繊維

金剛筋シャツの効果の仕組みはスパンデックス繊維によるものです。

スパンデックス繊維のはゴムのように伸び縮み、高い強度がある高級ポリウレタンです。

 

このスパンデックス繊維が多いほど強力な加圧シャツと言うことになります。

 

一般的な安くて破れやすくコスパが悪い加圧シャツのスパンデックス繊維が5%に対して金剛筋シャツは20%です。

つまり強力な加圧がある加圧シャツと言うことになりますね。

 

一般的な加圧シャツより少し高めですが、スパンデックス繊維が多いので協力で丈夫なので、コスパがいい加圧シャツです。

 

金剛筋シャツの正しい着方とは?

 

金剛筋シャツを買うのだから、正しく着用したいですよね。

でもそもそも正しい着方とはなんなのでしょうか?

公式サイトを確認すると「24時間トレーニングを体感せよ!」と書いてありますが、これは別に24時間着なくてもいいんですよ。

というより現実的に無理です!

 

確かに24時間着ても大丈夫なように設計されてありますしニオイ対策もされてあります

でも問題は睡眠時です。

 

慣れないうちは睡眠時に着用すると寝苦しさがあり、途中で起きてしまったりして熟睡できません。

それに目覚めた時に疲れが取れていません

では正しい着方はなんなのかと言いますと、それはあなたの目的にあった着方です。

 

 

金剛筋シャツをいつ着るのか

 

今でし…じゃなくて、金剛筋シャツを着る効果に、ダイエットや、筋トレ、姿勢矯正などがあります。

私はダイエットを目的に加圧シャツを購入しました

ダイエットのためなので基本的に活動中はずっと着ています。

朝起きてシャワーを浴びたら着て、それから仕事中、食事中もずっとです。

 

姿勢も良くなりますので体幹も鍛えられて代謝が上がり、お腹周りを締めているので食事の量も自然と減ります。

なのでずっと着ています

 

これがトレーニングを目的とするのなら、ずっと着てもいいのですが、筋トレをするときだけ着るという方法もあります。

いつものトレーニングをよりハードにしたり、正しい姿勢でトレーニングができるという効果があります。

ハードなトレーニングは大量の汗をかきますので終わったら脱ぐという着方です。

目的によってはこのような着方もあります。

 

では具体的に解説しますね!

 

トレーニングを行う時に着る

 

金剛筋シャツを最も効果的に使うには、トレーニングを行う時に着るのばベストです。

言い方を変えれば、トレーニングする時には金剛筋シャツを着るようにしましょう!

 

金剛筋シャツを着るとその強力な加圧で加圧トレーニングを行なっているような状態になります。

低負荷で大きな効果を得ることができるということですね

 

なので金剛筋シャツを着るとトレーニング効果が飛躍的に上がるんです!

トレーニングをするのに金剛筋シャツを着ないのはもったいないとも言えるでしょう。

カバノリカバノリ

金剛筋シャツを着てシックスパックを手に入れたという人もいるカバよ。

 

休日・仕事の日常で着る

 

金剛筋シャツは基本的にはいるでも着ていいものです。

なのでゆったりしている休日でも、バリバリ働く平日でもハードな圧力で体を締めてくれます。

 

日常で着用するとその強力な締め付けで姿勢をよくしてくれて、引き締まったシルエットを見せることができます。

姿勢矯正の効果で猫背を改善する働きがあり、上半身全体の圧力で少し痩せたようにも見えます。

見た目の印象が良くなるんですね!

 

休日のデート中に着れば女の子からの印象もよくなりますし、仕事中に着ていれば堂々とした姿に見えますので、仕事ができる人に見られます。

つまり、男らしく魅せることができるというわけです。

ブタイルブタイル

モテるような男に見られるんだね。

カバノリカバノリ

実際にモテる体型になるカバよ。

 

金剛筋シャツでモテる男に変身!

 

金剛筋シャツを着る最大の目的は、「引き締まった体のモテる体型になること」です。

若い女性が男性に求める体型のナンバー1は「細マッチョボディ」です。

金剛筋シャツは着用することで、痩せながら筋肉を付けることができ、モテモテの細マッチョボディを目指す加圧インナーシャツです。

なので金剛筋シャツを着てトレーニングをつみ、日常でも毎日着ることでモテボディを目指せます。

 

金剛筋シャツを着てみよう

 

では金剛筋シャツを着用する方法について解説しますね。

金剛筋シャツは見た目は普通のTシャツのようにみえますが、普通のTシャツと比較すると小さいシャツです。

なので着れないんじゃないおかなと思ってしまうかもしれませんが、金剛筋シャツはよく伸びます。

 

正しく着るには

 

金剛筋シャツは写真のようにものすごく伸びるので、見た目は小さくても着用は可能です。

しかし、着圧がすごいのでスムーズに着ることが出来ません

私も初めて加圧シャツを着るときは苦労したものです。

 

金剛筋シャツを正しく着るための重要なポイントは、まずは頭ではなく、腕を通すことです。

腕を通した後に頭を通し、裾を下までおろせばOKです。

 

普通のTシャツとは違い、首元にタグがないのでどちらが前か後ろかわかりにくいですが、Vネックのなっているので、そちらが前だと判断してください。

 

サイズ選びが大事

 

金剛筋シャツを正しく着るにはサイズ選びが大切です。

加圧でキツくなることを恐れて自分の身体のサイズより大きいものを選ぶと、金剛筋シャツの効果は弱くなります。

また、より効果を出そうと考えて自分の身体よりあきらかに小さいものを選んでしまうと、締め付けが強すぎて気分不快になることが稀にあります。

金剛筋シャツは強力な締め付けで血流を制限していますので、それゆえのことですね。

 

血流制限は、成長ホルモンが分泌するなどの効果もあり、低負荷で大きな効果を得られるというメリットがありますが、少々危険なものです。

と言うのは、本物の加圧トレーニングの血流制限では、専門のトレーナーが顔色などを監視してるんですね。

血液の流れというものは、身体の隅々まで栄養を運んでくれる働きなので、この流れを止めてしまうことは本来はNGなんですよ。

加圧トレーニングは実働時間30分もないですからね。

 

金剛筋シャツの加圧は24時間着れるように設計されているため、命に支障が出るような血流制限ではなく安心して着用できますが、これは正しいサイズを着ていることが条件です

 

なので、大きすぎるものは選ばず、小さすぎるものを選ぶこともやめましょう。

 

 

まとめ金剛筋シャツは加圧が強いので、無理をして小さいものを選ぶ必要がありません。

サイズ表をみて、自分の体に合ったものを選びましょう。

 

 

金剛筋シャツを着る注意点は?

 

 

金剛筋シャツの口コミでは「効果がない」という口コミがあります。

これは正しく着ていないからなんですね。

確かに着るだけで痩せながら筋肉をつけれるなんて、胡散臭く感じるかもしれませんが、効果がないと行っている人には共通点があります。

それを踏まえて、金剛筋シャツを着る注意点について解説します。

 

ポイントは毎日・長期間着ること

金剛筋シャツを着るポイントは基本的に毎日着ることです。

1週間に1日だけ着るでは効果の期待値は圧倒的に下がります。

 

と、言うのは、金剛筋シャツは効果がないと悪い口コミを書いている人の共通点は、着用時間が短いことです

 

金剛筋シャツは毎日着ることは当たり前、そして日常では長時間の着用したほうがいいです

 

身体に慣れさせる

金剛筋シャツの悪い口コミには、「キツすぎて長時間の着用ができない」というものがあります。

加圧シャツというものに慣れていない場合は、このような感想を持ってしまうことがあるでしょう。

 

なので、金剛筋シャツの加圧に身体を慣れさせましょう

 

最初は短い時間で着用し、慣れてきたらだんだんと時間を延ばすようにしてくようにすれば、長時間金剛筋シャツを着ることができるようになります。

カバノリカバノリ

ぼくは根性で初めから長時間着用したカバよ。

 

ズボンにインする

金剛筋シャツは着用すると上半身全体が加圧されて締め付けられます。

ですが、裾がはみ出てるとお腹が締め付けられません。

 

金剛筋シャツの締め付けというのは、スパンデックス繊維の収縮によって締め付けられるので、縮む効果があるんですね。

なので、縮んでお腹部分が出ているということがあります。

これではしっかりと加圧されていないので、特にお腹周りを締め付けタイト考えている人は必ずズボンにインしましょう

カバノリカバノリ

お腹が出てる人は座っていると気がついたらめくれてるってこともあるよ。

 

金剛筋シャツはどう脱ぐのは正しいか

 

金剛筋シャツは加圧が強く、姿勢矯正により体幹(インナーマッスル)が鍛えられて基礎代謝が上がっているので、汗を非常にかきやすくなっています。

なので脱ぎにくいです。

 

なかなか脱げずに手間取っている方もいますね。

私も初めのうちはどうやって脱げばいいのか悩んだものです。

 

ではどのように脱ぐのはいいのか紹介します。

 

金剛筋シャツの脱ぎ方

金剛筋シャツの脱ぎ方は次の4つです。

・首元を掴んで上に引っ張る

・腕から脱いでいく

・裾をめくり上げて裏返しながら脱ぐ

・首元から肩を出して足元に下ろして脱ぐ

このようにして脱ぐことができます。

 

しかし、正しく脱ぐ方法はこの中から1つです。

誤った脱ぎ方だと爪が引っかかって破れてしまうかもしれないのでやめたほうがいいですね。

 

正解は裾をめくり上げて裏返しながら脱ぐ

金剛筋シャツは、裾を掴んで裏返しながら脱げばスムーズに脱ぐことができます。

この脱ぎ方なら爪が引っかかって破く心配もありません。

金剛筋シャツを裏返すことは洗濯

にもいいので、この方法が一番ですが、自分にあった脱ぎ方を見つけるのもいいですね。

 

 

金剛筋シャツを脱ぐときに注意するポイント

金剛筋シャツはナイロン製の加圧シャツなので、テリレン製のシックスチェンジよりは破れやすいです。

しかし、一般的な加圧シャツと違い、高い強度を誇るスパンデックス繊維が多いので破れにくくはなっています。

 

金剛筋シャツを脱ぐときは汗でくっついて脱ぎ肉亀なっているので強引に脱ごうとして破いてしまうという人も少なくありません。

なので、金剛筋シャツを脱ぐときに最も注意するポイントは、無理をして脱がないことです。

 

無理をして脱ごうとすると、生地が破れたりしてダメージを受けたり、縫い目がほつれたりします。

 

なので金剛筋シャツを脱ぐときは、

・焦らないこと

・無理に引っ張らないこと

・爪を立てないこと

・脱げないときは汗がひくのを待つこと

 

このポイントを押さえておきましょう。

 

金剛筋シャツをいつ脱ぐのか

 

金剛筋シャツは加圧して身体に負荷をかけていますので、血管を閉めています。なので血流が適度に制限されてトレーニング効果が出ているんですね。

でもあなたも疲れたら体を休めたいように筋肉も休みたいのです。

筋肉は過度なトレーニングをしていじめてボロボロにして休むと回復してより筋肉がつく超回復という働きがあります。なのでトレーニングしっぱなしというのはあまり効果がないです。

 

これはあくまでも私の見解ですが、睡眠時には脱ぐことをお勧めします。

それに睡眠時はあまり動かないのですし、重力の効果を受けないので筋肉を使いません。

なので意味がないような気がします。

 

身体が休まっていないと次の日のパフォーマンスが下がってしまいますし、すぐに疲れが出てしまいます。

いくらダイエットのため、トレーニングのためと言っても日常に必要以上の負担をかけたら意味がないですし、周りの人に迷惑がかかってしまうかもしれませんので、身体は休ませましょう。

 

なので一日の終わりに脱ぐことをお勧めします。

 

24時間でも大丈夫?

 

もちろん24時間ずっと着られるように設計されているので、24時間着るというのも正しい着方だとは思います。

私の場合はずっと着ていると二の腕が少し痛み出すので脱ぎたくなります。

このような痛みが出た場合など、ずっと耐えられるようでしたらそれでも大丈夫だとは思います。

ただどうしても休みたいと思ったら無理をしないことをお勧めします。

 

なので「24時間加圧」と言うのは、24時間着ても健康的な問題はないと言うようにとらえて、睡眠時など休める時には休めましょう。

 

まとめ

金剛筋シャツを着方は人それぞれ目的により変わって着ます。

私の着ている感想とそれによる見解では、活動中はずっと着て、寝るときは脱ぐという方法が無難だとは思います。

もちろん意識高く24時間ずっと着ることも間違いではありません。

でも自己責任で無理のないようにしてくださいね。

 

金剛筋シャツは着るだけで細マッチョボディに近づけることが魅力的なものですね。

普通のシャツと違って圧が高いので、慣れないうちは着脱が難しく感じてしまうでしょう。

なので、正しい着脱方法を知っておくのはとても大事です。

焦って無理をして破いたりダメージを与えてしまったら勿体無いですね。

 

トレーニング中でも、日常でも、あなたの目的あった方法で着てみてはいかがでしょうか!

 

金剛筋シャツの購入も出来る!!
金剛筋シャツの公式ページでしっかり確認