金剛筋シャツと鉄筋シャツってなんだか似てますよね?

それもそのはず、実は金剛筋シャツと鉄筋シャツは同じ株式会社GLANdから販売がされています

 

ではどちらの加圧シャツを選んだらいいのかと思いますよね?実際そのような方は多いです。

では二つを比較してその違いをみて行きましょう

 

金剛筋シャツと鉄筋シャツの違いとは

 

まず、どちらがオススメかと言われるとどちらもオススメです。

その理由は人によって好みとか目的が違うからです。

 

なので二つを比べてみてあなたが欲しいと思ったものを選んでください。

 

1.デザインの違い

金剛金シャツも鉄筋シャツもインナーシャツとして利用できるようなシンプルなデザインをしていますが、その違うは首回りです。

金剛筋シャツはVネックで、鉄筋シャツはUネックです。

 

Vネックはクールな印象を与えてUネックは優しい印象を与えます。

ちなみに私はクールに見せ合いのでVネックが好みです。

Uネックはカジュアルなイメージなので、普段仕事で活用させてい人はクールに見せるVネックの方がいいかもしれませんね。

 

2. スパンデックス繊維の量の違い

スパンデックス繊維とは競泳用の水着にも使用されている繊維で驚異の伸縮性を持っています。これが加圧力を支えているもので、ほとんどの加圧シャツにはこれが含まれています。

このスパンデックス繊維が多いほど加圧力が多いということになります。

 

金剛筋シャツのスパンデックス繊維は20%で、鉄筋シャツのスパンデックス繊維は10%です。

単純に金剛筋シャツは鉄筋シャツの2倍ということになります。

加圧を強力にしてより効果的にしたいのなら金剛筋シャツで、そこまで強いのは苦しくて嫌だと思うのなら鉄筋シャツです。

 

金剛筋シャツと鉄筋シャツの価格

差がわかったところで気になるのは価格差ですね。

このシャツはともにセットで購入すれば安く買うことができます。

 

金剛筋シャツ

単品価格:4200円
2点セット:8400円
3点セット:11581円
4点セット:15441円
5点セット:19102円

 

鉄筋シャツ

単品価格:3980円
2点セット:7800円
3点セット:11581円
4点セット:15441円
5点セット:19102円

 

単品や2点セットで買うのなら鉄筋の方が安いですが、3点以上で買うのなら価格に差はありませんね。

加圧シャツは1枚だけでは使い回すのは難しいですし、毎日着ないと効果が出にくいものです。

なのであらかじめ少なくとも3点以上の購入をお勧めします。

 

ちなみに私は、もしも長く使って劣化して加圧力が失われることや、爪で引っ掻いて破れてしまうことを恐れて4点セットを購入しました。

でも実際は丈夫なのでそこまでの心配はなかったです。

 

結局どっちがいいの?

 

加圧シャツとしての効果の期待や、より効率よくトレーニングをしたいのなら金剛筋シャツで、長時間着ることになるから疲れすぎるのを避けたい場合は鉄筋シャツといったところでしょうか。

実際、スパンデックス繊維が多い加圧シャツを長時間きて動いていると、いつも以上に疲れます

 

これは効果が期待できて嬉しい悲鳴なのですが、もともと体力がなくて仕事中の疲れが出過ぎるのは困るという方は鉄筋シャツの方がいいでしょう。

 

まとめ

金剛筋シャツと鉄筋シャツの大きな違いはデザインと加圧力を支えるスパンデックス繊維の量です。

デザインは好みで分かれますが、スパンデックス繊維の量で選ぶ方が懸命だと言えます。

もしもどうしてもVネックは嫌だというのならマッスルプレスもお勧めです。