ダイエットで痩せることを目標にしていますが
どうせなら筋肉もつけたいです!

サッカー選手の
クリスティアーノ・ロナウドのような体型が理想です。

というのは痩せたとしても
引き締まった筋肉がなければ
女性にモテないと思うからです。

特に竹達彩奈さんのような女性とお付き合いするのなら
今のようなブヨブヨな体型ではもちろん
魅力的な筋肉がなければダメだと思います。

三森すずこさんも男性の筋肉が好きだと豪語してますし
その結果、オカダさんとお付き合いされているようですからね。

だったら私も筋肉をつけて……といったところです。

 

筋肉モリモリ?6つの食品

 

で、この筋肉ですが
単純に筋トレすればいいというものでなないようです。

その筋肉の材料になる食べ物を食べることも
同じくらい大切なことだそうです。

プロテインが必要です。

マッスル系のジムでプロテインが飲めたりするようです。

私はまだこのプロテインを飲むのには抵抗があるので
それに変わる食品で補おうと思います。

では筋肉がモリモリになる6つの食べ物を紹介します。

>>一週間でお腹の脂肪を減らす方法

 

 

1.卵白

卵はロイシンなどの必須アミノ酸を
バランスよく含んでいるだけでなく
ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ
完全栄養食品です。

特に卵白はタンパク質の塊なので
筋肉とつけたい人は必須な食品です。

卵1個で得られるタンパク質は6〜7g程度ですから
1日に2個以上を目安に食べるといいようです。

 

2.鶏ムネ肉、ササミ

筋肉をつけやすい食べ物といえば鶏肉です。

部位としては皮なしのムネ肉や
ササミがいいようです。

鶏のササミは100gで25gのタンパク質を摂取できる筋肉食品の金字塔です。

タンパク質の他にもリンや鉄分カルシウムなどたくさんの栄養素を一気に取ることができます。

脂質に関してもムネ肉の脂質が100gあたり2.5gなのに対して
ササミは100gあたり0.8gしかないです。

私みたいにカロリーがきになる人はササミを食べて
味を楽しみたい人はムネ肉がいいですね。

 

3.ツナ缶

筋肉をつけたい人の経緯食品としてツナ缶は手軽に持っていける高タンパクな食品です。

1缶70gのツナ缶の場合、摂取できるタンパク質は約13.5gと非常に優秀です。

コンビニやスーパーで手軽に購入できるのも魅力です。

 

私みたいに脂が気になる方はノンオイルタイプのツナ缶がいいです。

 

4.ナッツ

ストイックに食事制限をしても多少の間食は取りたい人がいますね。

私もそうです。

そんな方にオススメなのがナッツです。

海外セレブ達も愛用しているナッツは栄養満点の食品です。

中でも植物性のタンパク質や
脂肪になりにくいオメガ脂肪酸
疲労を低減する抗酸化物質が含まれています。

なので筋トレ中の方には
うってつけの食品です。

様々なナッツの中でアーモンドやカシューナッツが特にいいようです。

しかしカロリーが高いので1日に25g程度に抑えた方がいいです。

 

5.赤身の牛肉・牛モモ肉

牛肉はタンパク質含有量が多くて筋トレには欠かせない食品です。

ただし、筋肉をつけたい人は
脂質が多いバラ肉ではなくて
ランプ、もも肉などが最適です。

牛肉の場合は100gあたりで20g前後の
タンパク質が摂取できるため
他の食品からもタンパク質を摂取すると考えた場合は
1日に200gくらいを目安に食べるといいようです

ビーフジャーキーも
高タンパク低カロリーの優秀な食品で
間食に取り入れてみるのもいいようです。

 

6.納豆・豆腐

納豆や豆腐はタンパク質の他にも
ビタミンやミネラル、食物繊維を同時に摂取できる
ヘルシーな食品です。

 

特に一番タンパク質含有量が多いのは木綿豆腐で100gあたり役7gのタンパク質が含まれています。

筋肉をつけたい人は1日に2丁半以上食べるといいそうです。

シラスや鰹節、焼き海苔を追加して取ることで
より効果的にタンパク質を摂取することができます。

以上が筋肉がつく食品です。

 

このような食事をすることで筋肉もつけながら痩せていこうと思います。

加圧シャツは筋トレの効果もあるようなのでちょうどいいですね!

 

>>加圧シャツの比較ランキングTOP7