着用するだけでトレーニング効果やダイエットの効果を期待できることで大人気な加圧シャツですが、その効果が本物かどうか気になりますよね。

私は加圧シャツでダイエットを始めて1ヶ月半くらいです

結果から言うと3キロ以上減りました。

 

その経過は私の加圧シャツ日々の実践記を参照してください。

このダイエットに使用している主な加圧シャツは「SIX- CHANGE(シックスチェンジ)」です。

今回はこのシックスチェンジの感想をお届けします 😮

 

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

 

加圧シャツ以外のダイエット

 

私が加圧シャツ以外に取り組んでいるダイエットは、何もありません。

ウォーキングもしていなければジョキングもしていなく、スポーツジムにも通っていません。

食事制限をしようと試みてはいますが、実際は結構食べています。

 

生活リズムはバラバラで食事の時間もバラバラで、お腹がすきすぎたらドカ食いしてしまうこともあります。

そして早食いです。

糖尿病になるんじゃないのかなって思うくらい食べてました。

 

お酒はもともとそんなに好きではないので飲んではいません。

 

そんな私はこのように結構な自堕落な日々を今まで送っていたのですが、シックスチェンジをを毎日着続けるだけで体重が3キロ以上減りました

 

SIX- CHANGE(シックスチェンジ)とは

 

シックスチェンジは驚異の伸縮性と強度を誇るスパンデック繊維が18%も入っている加圧シャツです。

これがどのような量なのか比較して見ると、マッスルプレスが5%で鉄筋シャツは10%で、金剛筋シャツが20%なので多めだということはお分かりいただけると思います。

 

スパンデックス繊維の力で体を締め付けて、血流を制限させることで着ている時は常に加圧トレーニングを行なっているような状態になります

これによりトレーニング効果が上がるというわけです。

 

また、加圧シャツにより姿勢が良くなります

姿勢が良くなると体幹も鍛えられて代謝が良くなり、痩せやすい体になります

 

基本的にダイエットは摂取カロリーより消費カロリーを多くすればいいのいで、代謝をよくして摂取カロリーを多くすれば痩せられます。

私が3キロ健康的に痩せれた理由はここにあると思います。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

 

SIX- CHANGE(シックスチェンジ)を着た感想

 

シックスチェンジの素材はテリレンが82%でポリウレタン(スパンデックス繊維)が18%です。

鉄筋シャツや金剛筋シャツなど多くの加圧シャツはナイロンですが、シックスチェンジはテリレンなので素材が頑丈です。

多くの加圧シャツの口コミではすぐに破れたというものを見ますが、私が着ているシックスチェンジはまだ一度も破れることはないのは当然で、破れる気配すらありません。

 

これはもしかしたら程度に読んで欲しいのですが、お風呂上がりに加圧シャツを着ようとしてまだ体に水分が付いていると非常に着にくいです。

体に水分が付いていない状態だとすんなり着れます

この水分が付いた時に着ようとすると袖は通ってもそのあとおろしにくいので、強く引っ張ってしまって破ってしまったのではないかと予想してます

私もその場合は慎重になっています。

 

そして着心地は最初に思ったほどの締め付けはなく、違和感はありませんでした。

一番力を感じる部分は腕の部分であり、お腹周りの締め付けはあまり感じません

 

しかしでデスクワークでパソコンに向かって前かがみになっていると脇腹あたりが痛み出しました。

姿勢矯正の力が働いていると思います。

 

数日経った後には筋肉痛を感じたのでその時は無理せず脱ぐようにしています。

先にも書きましたが、私は運動など一切行っていません。

それなのに着るだけで筋肉痛を感じるようになったということはその効果を物語っていることに思います。

 

シックスチェンジを着続けて(追記)

 

着るだけで体重が落とせたので運動すればより効果的にダイエットができると思い、運動を取り入れてみました。

私が行なった運動は有酸素運動です。

 

有酸素運動は酸素を取り入れる運動のことで、ウォーキングやジョキング、ヨガなどがこれに当たります。

 

私が行なった有酸素運動はウォーキングから初めてジョキングに切り替えました。

切り替えた理由は時間効率からです。

 

同じ時間運動するのなら運動量の多いジョキングの方が効果が高いと思い直して走る方に切り替えました。

 

シックスチェンジを着てジョキングをすると、正しい姿勢で運動できていることが自然とわかり、普通に走ることよりも効果的だと感じました。

姿勢が良くなっていることから体幹(インナーマッスル)が鍛えられているので基礎代謝が上がっているせいか終わってみると発汗の量が多かったです。

 

走っている時間は40分ほどです。

 

本当は毎日走った方がいいとは重ますが、都合上1週間に1〜3回程度しか行えないのですが、効果を感じています。

 

最近は少ない睡眠でもスッキリした目覚めになり、疲れた顔をしていないと言われるようになりました

私自身も体の調子が良くなって、肩こりもあまり感じなくなりました

 

加圧シャツを着て体の加圧し脱ぐことで降圧され、これを繰り返すことで血管に弾力が戻って血行が良くなるので肩こりの改善にも期待があるようですね。

 

なのでやはり睡眠中は脱いだ方がいいという結論に至りました。

 

シックスチェンジを着て1度だけ睡眠をそってみたのですが、寝苦しくてすぐに起きてしまったことがありました。

これはまだこのシックスチェンジに慣れていないせいだと思って、慣れたころにもう一度トライしたのですが、今度は朝方まで寝れたものの、起きた時に疲れが取れていなかったので、睡眠中は着ないことを決めました

 

なのでシックスチェンジは活動中に着て、寝るときは脱ぐ、これに限ります。

 

金剛筋シャツと比較してみて

 

金剛筋シャツはスパンデックス繊維が20%の加圧シャツなので、シックスチェンジの加圧より強いです。

主な素材はナイロンなので肌触りは優しめです。

 

シックスチェンジと来た感じを比較すると、着用しての肌触りはシックスチェンジの方が好みです。

加圧シャツは姿勢が良くなって基礎代謝が上がるので、来ていると暑くなります。

なのでナイロンだとより暑くなりすぎてしまうというのが感想です。

 

サイズは同じLサイズなのですが、重ねてみると金剛筋シャツの方が小さいですね。

 

でもこれはめちゃくちゃ伸びるので問題なく着用できます。

 

肝心の加圧をいうと、上半身の特に上の部分、肩部や背中、上腕にはシックスチェンジの方が加圧が強くお腹周りは金剛筋シャツの方が強いです。

 

姿勢矯正の効果はあるのですが、丈はシックスチェンジの方が長いので、下までがっつりとおろせます。

シックスチェンジは気がついたら下腹までめくれてるということがありました。

なので、腰の下まで降ろせるシックスチェンジの方が姿勢矯正の効果が高いという印象です。

 

また、金剛筋シャツは加圧が強いので1日中着ていられないという口コミを良く見かけたのですが、実際着てみるとその理由はわかりました。

確かにずっと着ていると脱ぎたい気持ちにはなります。

でもそこは根性と意地で寝る直前までは着ています。(私は朝シャン派です)

 

なのでシックスチェンジの方が着ごちが良く、長時間着ていられるという印象です。

 

ただ、運動してみると金剛筋シャツの方がトレーニング効果は少し高いような感じはしました。

 

 

POINT!!シックスチェンジ

・肌触りが良く加圧がちょうどいいから着心地に優れる

・上腕、肩部、背中が強め

・丈が長いから下までガッチリホールド

 

金剛筋シャツ

・流石の加圧力でガッチリフィット

・お腹周りが強め

・トレーニング効果が高い

 

 

まとめ

 

シックスチェンジを着るだけで3キロダイエットできました。

まだまだ先は長いですがこれからもほぼ毎日着用してダイエットを成功させたいと思います。

また着るだけで筋肉痛を感じているので、これを着てトレーニングをガッチリと積めば私より効果が出ることは間違いないです。

なにせ私は加圧シャツ以外に取り組んでいるものなどありませんから。