シックスチェンジを毎日着ている私は、その着方はほぼ毎日です。

休みの日に家から出る用事がなく、引きこもっている日は着替えることがなくてシックスチェンジを着ない日はありますが、仕事やプライベートで外出する日は必ず着ています。

 

ちなみに私は平日に洗濯が可能なので、4枚購入して3枚を洗濯して使い回しています。

一人暮らしをしている人でなかなか平日に選択することができないという方には5〜6枚を使いまわした方が一週間満遍なく切れますね。

 

ではその洗濯方法はどうすればいいのか?

加圧シャツは体を締め付けるものなので、それが洗濯で伸びてしまったらどうしよう……

 

なーんて不安になってしまうこともありますよね。

加圧シャツは決して安いものではないものなので、洗濯で伸びて使い物にならなくなったらショックですので、洗濯の正しい方法を知っておきましょう。

 

 

シックスチェンジの効果とは?

 

シックスチェンジは着るだけで痩せながら細マッチョ体型を目指せる加圧インナーシャツです。

つまりはダイエットの効果とトレーニング効果の期待が持てるということになりますね。

なぜこのような効果が得られるのかを、理論的なことを含めて解説していきます。

 

シックスチェンジでトレーニング効果?

シックスチェンジは着用することで体を締め付けます。

この締め付けが血流を制限するので加圧トレーニングを行なっているような状態になります。

 

加圧トレーニングというものは、専用のバンドで血液の流れを制限し、こうすることで成長ホルモンのの分泌が促進されたり、低負荷で大きなトレーニング効果を得ることが可能になるトレーニング方法です。

加圧トレーニングの血流制限の仕方は意識を失ったりすることなど、命の危険があるかもしれないので専門のトレーナが顔色など見ながら監視してくれます。

トレーニング時間は30分もありませんが、この短い時間だけでも大きな効果を得ることができます。

 

シックスチェンジはここまでの効果を得ることはできませんが、これに似たような状態にはなります。

血流を制限するので、トレーニングを行えばその効果は飛躍的に上がります。

 

そのため、着るだけで日常の動きをまるでトレーニングを行なったような状態にしてくれます。

 

ダイエット効果?

シックスチェンジの効果にはもう一つ、ダイエット効果の期待がありますね。

これについて解説します。

 

シックスチェンジを着ると背筋がピシッとなりますので、姿勢が矯正されます

姿勢がよくなっているので、猫背の改善が期待されますね。

この姿勢がよくなることにはさらにいいことがあります。

もちろん、見た目の印象をよくするということもありますが、姿勢がよくなると体幹(インナーマッスル)が鍛えられます。

 

これにより、基礎代謝が上がりますので、消費カロリーが上がります。

痩せやすい体になるということですね。

 

また、シックスチェンジの締め付けで胃や腹部を圧迫します。

この圧迫により食べる量を自然と減らせることができます。

 

そのため、摂取カロリーを抑えられるということになりますね。

 

シックスチェンジを着ると消費カロリーが増えて摂取カロリーが減るので、ダイエット効果の期待が持てるということになります。

 

シックスチェンジの効果の秘密

この締め付けはスパンデックス繊維によるものです。

スパンデックス繊維はゴムのように伸び縮みする高級ポリウレタンです。

素材が強度なので破れにくいです。

 

このスパンデックス繊維の量が多いほど加圧シャツとしての効果が高いことになります。

シックスチェンジはスパンデックス繊維の量が18%もあるので効果の高い加圧シャツということになります。

 

加圧シャツの洗濯方法は基本的には手洗い

 

加圧シャツの多くは手洗いを推奨しています。
生地の性質からも手洗いで十分匂いを落とせます。

その手洗いには注意点があります!

 

1.水温を30℃以下にする
2.洗剤は中性洗剤がおすすめ
3.爪を立てずに優しく洗う
4.塩素系の漂白剤はNG
5.ドライクリーニングはNG
6.乾燥機を使用せずに日陰で吊干しする
7.洗い終えた後に強く絞らない
8.アイロンをかける場合は低温で洗う

以上8つに注意すれば大丈夫です!

 

つまりは、破かないようにすることと、劣化させるような洗濯方法をしないことです。

 

洗濯機ではダメなのか

 

加圧シャツの洗濯は手洗いを推奨ですが、正直にめんどくさいですよね?

ここで朗報です、なんとシックスチェンジは洗濯機で洗濯が可能です!

 

洗濯機を利用できれば洗濯が楽チンですね。

しかしこれには条件があります。

 

メーカーが推奨している洗濯機での洗濯方法は、洗濯ネットに入れての洗濯です。

洗濯ネットは100円均一でも購入できるものなので安心してください。

 

さらに裏返して洗濯すればより効果的です!

これはテクニックになるのですが、選択するときに同時に選択する量を減らしたり、選択ネット1つにつき、シックスチェンジを1枚入れたりすればちゃんと洗濯ができて、破けたり劣化するということも少ないでしょう。

私はこの方法でもう数ヶ月は保っています。

 

ここでさらに注意点をお伝えします。

 

漂白剤を使わない

シックスチェンジは黒色しかないので汚れは目立ちませんが、洗濯に几帳面な方ではちょっとの汚れでも漂白剤を使いたくなりますよね。

または、他の洗濯物と同時に洗うことで漂白剤を入れなければならない時があるかもしれませんが、シックスチェンジを洗うときは入れないようにして、面倒ですが別で洗った方がいいです。

 

漂白剤は刺激が強いのでシックスチェンジに大ダメージを与えてしまうので、長期間使用するためにもしようは避けましょう。

 

柔軟剤は使わない

シックスチェンジは身体を締め付けるものなので、このことから何と無く想像ができるかもしれませんが、柔軟剤の使用も避けましょう。

キツすぎて着ていられないから柔らかくしたい……というかもしれませんが、柔らかい加圧シャツなど意味がないですからね。

 

 

まとめ

加圧シャツの洗濯方法は基本的には手洗いを推奨されていますが、シックスチェンジは洗濯ネットに入れて洗濯機での洗濯で問題ありません。

その場合、漂白剤や柔軟剤を使用せず、同時に洗う量を減らすなどをして長期間使用できるようにしましょう。