加圧シャツを着れば24時間加圧で体を鍛えることができるものなので、常に加圧シャツを着ようと思っている方が多いです。

着るだけでダイエットの効果の期待やトレーニングの効果の期待が持てるものなので、特にストイックな方はずっと着用したがります。

このずっとというのは寝るときも含まれています。

現在は様々な会社から加圧シャツが販売されていますが、その中で寝るときに着る加圧シャツに向いているものと向いてないものがあります。

今回は寝るときに着るかつシャツのおすすめをランキング形式でご紹介します。

 

慣れないうちは寝苦しい

 

加圧シャツを着て寝るのは、慣れないうちは寝苦しです

常に身体を締め付けている、負荷をかけている状態なので意識をしてしまうかもしれません。

途中に何回も起きてしまうということもあります。

そうなると睡眠不足になるので不健康になってしまいます。

 

なので本来は寝るときに加圧シャツを着ることおを私はおすすめしていません。

身体を回復させるための行為なのにそれを邪魔してしまっては、本末転倒のような気がします。

 

寝るときに着る加圧シャツはどのようなものがいいか

 

それでも早く結果を出したい、とにかく痩せたいと思っている方は睡眠中でも着て、多少のことは我慢しようとしますね。

確かに、寝るときも着ていれば常に加圧している状態になるので効果を得やすいと言う方もいて、それも正解だと思います。

 

なので、どうしても寝るときでも着たいという場合は加圧の力が弱いものがいいです。

 

強力な加圧シャツだとかなり寝苦しくなるので、寝不足で不健康になったり事故を起こすというようなリスクを避けるために、弱い加圧シャツの方が着心地が良くて安眠できる可能性が上がります。

とは言っても、慣れないうちは寝苦しいと思うので注意が必要です。

 

この加圧力が弱い加圧シャツとは、スパンデックス繊維が少ないものです

スパンデックス繊維は競泳水着にも使用されている高級ポリウレタンで、ゴムのような伸縮性を持っています。しかも高い強度です。このスパンデックス繊維が加圧シャツの仕組みなので、含まれている量が多いと強力な加圧シャツになり、少ないと着心地のいい加圧シャツになります。

 

寝るときに着用する加圧シャツランキング

 

では寝るときに着用することにおすすめな加圧シャツをランキング形式で解説します。

ポイントは締め付けの悪さです。

 

1位 マッスルプレス

マッスルプレスはスパンデックス繊維が5%の加圧シャツです。この量が最も少ない加圧シャツですが、カラーバリエーションが豊富であったり、着心地がいいことで長時間着ることが可能なことから愛用者が多いです。

着心地がいいので寝るときにおすすめな加圧シャツだと言えます。

 

2位 スパルタックス

スパルタックスはスパンデックス繊維が5%の加圧シャツです。
この加圧シャツは姿勢矯正に重きを置いている加圧シャツなので、着心地がいいです。

サイズも加圧シャツでは珍しくSサイズまであり、長袖もあります。

しかも1枚1980円と比較的安いのでコスパがいいです。

 

3位 パンプマッスルビルダーTシャツ

パンプマッスルビルダーTシャツはスパンデックス繊維が10%の加圧シャツです。
スパンデックス繊維が5%のものに比べれば強い加圧ですが、寝るときには着るのにはまだ大丈夫かなという感じです。

パンプマッスルビルダーTシャツはどちらかというと日常で着る方が効果的なものです。

 

寝るときに着用する加圧シャツのポイント

寝るときに着用する加圧シャツのポイントは洗濯の頻度に合わせて複数枚購入することと、あくまでも寝るときに着用するためのものだと考えることです。

加圧シャツは毎日着ないと効果が得られないものなので、着ると決めたのならしっかり毎日着ましょう。

また、今回紹介した加圧シャツは締め付けが弱いものなので筋トレを行うときに着るものとしてはむいてないです、普段着るものとするなら1位のマッスルプレスよりも、ランク外のシックスチェンジの方がおすすめです。

なので、二種類の加圧シャツを複数枚使い分けていくことが効果的になると言えます。

 

個人的な見解

 

今回は睡眠時に着るのにおすすめな加圧シャツをランキング形式で紹介しました。

しかし、私は睡眠時は加圧シャツは着ることをオススメしません。

 

その理由は加圧シャツの根本的な効果を発揮する仕組みです。

 

加圧シャツは着用すると血流を制限して加圧トレーニングを行なっているような状態になります。

これにより、トレーニング効果が飛躍的に上がりますので、日常の動きをトレーニングをしているような状態にしてくれます。

 

なので、動くことによって効果を発揮するものです。

 

睡眠中にめちゃくちゃ動く人はいるのでしょうか?

私はそのような人に会ったことはありません(笑)

 

睡眠中はほとんど動かないので、トレーニングのしようが無いですよね?

なので睡眠中は効果が少ないと言えるでしょう。

 

睡眠の本質は、体力の回復です。

一日の疲れをとり、脳の情報を処理して次の日に備えます。

 

睡眠で疲れたら意味がないですよね?

次の日に起きて疲れが残っていたら、その日1日のパフォーマンスが下がります。

そうなると、体を鍛えるというモチベーションが下がってしまうでしょう。

 

なので睡眠中の加圧シャツは意味がないと思います。

 

加圧シャツを着るのなら、日常で着るかトレーニング中に着た方が効果的です。

なぜなら動くからです。

 

日常がずっとデスクワークならあまり動かないかもしれませんが、通勤や通学などで歩きますよね?

場合によっては走る方もいるでしょう。

 

つまり睡眠時より動いています。

加圧シャツを日常でも着て、トレーニングでも着て、睡眠時でも着て24時間着ることが最も効果的に思うかもしれませんが、睡眠中は脱いで体を休める方が効率的です。

 

なので、睡眠中は着用しないことをオススメします。

 

まとめ

寝るときに着用する加圧シャツは、スパンデックス繊維の量が少ない着心地のいい加圧シャツがおすすめです。

筋トレで着るには不向きになものなので、使い分けていく方があなたの理想の体型に近づけるようになります。

加圧シャツを着て寝ると寝苦しくて途中で起きてしまい、睡眠不足になって不健康になったり事故を起こす事もあり得るので、まずは次の日が休みの日に試しに着てみてはいかがでしょうか。