マッスルプレスタンクトップは着用によりバキバキの筋肉ボディやスリム体系を目指せる加圧タンクトップです。

加圧シャツと異なるところは単純に袖があるか無いかです。

タンクトップなのでインナーとして利用しやすかったり特に暑い夏には重宝するものです。

 

このマッスルプレスタンクトップには男性用と女性用があるのも特徴的で、無理して男性用の加圧シャツを着ようとする女性はこちらのマッスルプレスタンクトップを着用する方がおすすめです。

マッスルプレスタンクトップの注意点としてサイズの選び方があります。

 

結論から言いますとマッスルプレスタンクトップのサイズは、あなたの体型にあったものがベストです。

ではその理由について解説します。

カバノリカバノリ

夏でも冬でも着れるしコレでムキムキだぜカバぁ

\  マッスルプレスタンクトップを詳しく見てみる  /

MUSCLE PRESS TANK TOP

マッスルプレスタンクトップの仕組み

 

マッスルプレスタンクトップの加圧の仕組みはスパンデックス繊維とよばれる高級ポリウレタンです。

スパンデックス繊維はゴムのように伸び縮むものなので、伸ばして着用が可能で縮むことで体にフィットして加圧します。

これにより腹部・肩部・胸部に対して強力に加圧され、背中部分には背筋を伸ばす設計により姿勢が良くなることで様々なアスリートが行っているような体幹トレーニングと同等の効果が実現されます。

 

これによりトレーニング効果が飛躍的に上がり、日常の動きがトレーニング効果へ変換されるようになるというわけになります。

 

大きすぎるものは選んではいけない

 

マッスルプレスタンクトップのスパンデックス繊維は男性用で17%で女性用で15%と多いです。

なので人によってはキツくて着れないという人もいるでしょう。

なので本来のサイズより大きいものにしようとする人がいます。

 

また、自分は太っていて体が大きいからサイズが大きくなく無いと着れないという方がいます。

これは間違いです。

 

まず前者の場合は、サイズにあっていない大きなものを選んでしまうと効果が弱くなってしまいます

単純に体感的に加圧が弱くなってしまいますからマッスルプレスタンクトップの本来の効果の期待が弱くなってしまうということになります。

また、後者の場合はマッスルプレスタンクトップは伸びるので着用することは可能なので安心してください。

 

小さすぎるサイズは選んではいけない

 

マッスルプレスタンクトップを買う時により効果を出そうと小さめのサイズを選ぼうとする方がいますが、これもおすすめできません

それは必要以上に締め付けてしまうと、血行やリンパの流れが悪くなったりして体に悪い影響を与えてしまうからです。

 

マッスルプレスタンクトップは身体に程よい締め付けを与えられるように設計されています。

なのでサイズにあったものは身体にフィットするようになっていて、最も効果の期待が持てるようになっています。

 

また、一番悲惨なのが小さすぎて着れないというケースです。

マッスルプレスタンクトップは伸びるものですが限界はあります。

ブタイルブタイル

自分のサイズにあったものがなかったらどうしよう…

カバノリカバノリ

マッスルプレスタンクトップのサイズは下にあるから、そこで選ぶカバよ。

マッスルプレスタンクトップのサイズ

マッスルプレスタンクトップは男性用ではS・M・Lの3つのサイズ、女性用ではM・Lの2サイズあります。

選ぶ基準は以下の通りです。

男性用マッスルプレスタンクトップ

Sサイズ 胸囲:76〜86cm
Mサイズ 胸囲:83〜93cm
Lサイズ 胸囲:96〜104cm

女性用マッスルプレスタンクトップ

Mサイズ バスト:79〜94cm
Lサイズ バスト;86〜101cm

 

サイズの選び方は基本的にが胸囲で別れていますが、これはああなたが普段着ているシャツのサイズ選びと同じです。

ここでポイントなのがMかLの中間など、どちらを選んでいいかわからない体型の人は小さめのサイズにしておくといいでしょう。

 

マッスルプレスタンクトップは長い間着用してはいけない

上記のようにマッスルプレスタンクトップの警告として「長時間の使用は身体付きが凄くなってしまう恐れがあるためダメ!」ということを言っています。

自分のなりたい体系がそこそこ身体を鍛える程度であれば、長い間の着用は避けるようにしましょう。

まずは自分がどんな身体になりたいかですね。

ブタイルブタイル

どうせなら、ムチョマチョ体型になりたい

タンクトップは使い勝手が良いから嬉しいよね。

 

まとめ

マッスルプレスタンクトップのサイズは自分の体にフィットするようなサイズを選ぶことをお勧めします。

大きすぎても小さすぎてもNGです。

ごちらか微妙な体型だという場合に限り、小さめを選ぶことをお勧めします。

 

 

▼マッスルプレスタンクトップの公式購入ページへ▼

>>着ながら加圧トレーニング【マッスルプレス タンクトップ】