マキシマムマッスルは着るだけでトレーニング効果の期待と、ダイエットの効果の機体ができる体幹サポーター・インナーです。

筋トレをしても効果を感じなかったり、ジムに通っても長続きしなかったり、食事制限ができないなど、体を引き締めたくてもなかなかできないということがあります

 

マキシマムマッスルはこの悩みを解決させるサポートができるアイテムです。

加圧シャツは今では数が多く、どれを選んでいいかわからないという方が多いです。そしてさらにサイズ選びで迷ったり、誤った選び方で購入して損をしてしまうことがありますので注意が必要です。

今回はマキシマムマッスルのサイズについて解説します。

\ マキシマムマッスルの公式ページ /

 

マキシマムマッスルの効果とは?

 

マキシマムマッスルの効果の仕組みはシャツに配合されているスパンデックス繊維です。

スパンデックス繊維はゴムのような伸長・収縮性ををつ高級ポリウレタンで、競泳水着にも使用されています。このスパンデックス繊維で身体を締め付けて血流ほ程よく制限させて着用するだけでトレーニング効果の期待が持てるようになります。

 

マキシマムマッスルは人体工学に基づいた筋肉繊維沿強縫製(きんにくせんいえんきょうほうせい)を採用していて筋肉の繊維に沿って身体を引き締めています。

これにより上半身の筋肉をサポートをして下腹部を締め付けます。

各部を締め付けることで姿勢が矯正されてインナーマッスルが鍛えられます。これにより代謝が良くなって消費カロリーが多くなります。

 

また、マキシマムマッスルの締め付けにより胃や腹部が圧迫されるので食事量を自然と下げることができます。

まとめると、着るだけで上半身が鍛える効果が上がり、ダイエット効果の期待が持てるということになります。

 

加圧シャツサイズを選ぶ注意

加圧シャツでその効果を出すにはサイズの選び方が重要です。

中には「小さいものを選びましょう」と勧めている方もいますがそれは場合によります。

 

身体が大きくて明らかに小さいものを選んでしまったら、締め付けが強く感じすぎまして着用し続けることが困難になります。それに締め付けすぎると結構やリンパの流れを悪くしてしまいますので意味がありません。むしろ悪影響です。

そして一番悲惨なことは、せっかく買ったのに小さくて着れないことです。

 

小さいものを選んだ方がいいというのは、サイズがMとLの中間であった場合にこれから痩せてMサイズでちょうど良くなるということを想定した上で選ぶということになります。

逆に大きいものを選ぶこともお勧めはできません。

キツいのが嫌だからという理由で大きいもを選んでしまいがちですが、これだと加圧シャツの効果を半減させてしまうのでもったいないです。

なので加圧シャツは自分の体型にあったものを選びまよう。

 

マキシマムマッスルのサイズはフリー

マキシマムマッスルはフリーサイズで、どの体型でも着れるということになっています。

身長:162〜185cm
胸囲:84〜110cm

こちらの体型にお勧めということですね。

 

フリーサイズで注意して欲しいのは、身体が小さい方は効果の期待が少なくなってしまいますし、身体が大きな人は着ることが困難になってしまうことがあります。

なので、その中間くらいの人が程いいと思います。

 

まとめ

マキシマムマッスルのサイズはフリーサイズで基本的にはどの体型でも着れるようにはなっています。

 

着るのが困難と書きましたがマキシマムマッスルはスパンデックス繊維によりかなり伸びますので着ることはできると思いますが、締め付けを必要以上に感じてしまい、長時間の着用が難しくなってしまうことがあります。

なのでもし不安でしたはフリーサイズのマキシマムマッスルではなく、サイズがMとLと種類のある加圧シャツを選んでみたはいかがでしょうか。

 

▼マキシマムマッスルシャツの購入ページへ

>>超合力加圧【マキシマムマッスル】